5フレットのギターのネックが伸び縮み15フレット分の演奏を可能にした小型ギターJammy

ギタリスト達にはよくあると思うのですが、無性にギターが弾きたくなる時ありますよね?
私は車の中や旅行中なんかによくその衝動に駆られます。
そんな片時もギターを手放せないギタリスト向けに、旅行なんかにも持って行けるほどコンパクトな小型ギターが存在するのです。

 

紹介したいギターは長さ約32cmと非常にコンパクトなMIDIギター「Jammy」です。
Jammyのネックは5フレットしかないのにもかかわらず、ネックが収縮する事で15フレット分もの音域の演奏が可能です。
最大に伸ばすと約50cmになり、使用されている弦もエレキギターで使用されるものと同じスチール弦を張るため、通常のギターと近い演奏ができるのです。

 

ネックを最大まで伸ばした状態で、Jammyの1フレット目が通常ギターの1フレット目の音程となります。
さらにネックを縮めていくとハイポジションで演奏している事になり、ボディ上部にある画面にJammyの1フレット目が何フレット目に該当するか数字で表示される仕組みとなっています。

ブリッジ側のジャックにイヤホンを差せば演奏音を聴くことができ、アコギの様にボディがほとんど共鳴しないので生音は極めて小さく、旅行先のホテルで演奏しても隣の部屋の方などに迷惑は掛らないでしょう。

 

また各種ギターエミュレーションが搭載されており、アコースティックギターやレスポール、ストラトキャスター、はたまたナイロン弦のクラシックギターの音も再現可能とのこと。

ただ鳴らせるだけでなくチョーキング、ハンマリングオン、プリングオフ、ミュートといったギターに必要な奏法も再現でできる優れもの。
現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」にて支援募集中。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP