Kemper ケンパー HEADアンプ使い方 各種ケーブルの接続方法 解説

ケーブルの接続方法について解説していこうと思います。

ヘッドタイプの場合、接続端子はほとんど背面に用意されています。

前面にあるのは「INPUT」、「HEADPHONE」のみで、ギターはシールドで「INPUT」に接続します。

次に背面ですが

①MAIN OUTPUT(メインアウトプット)

レコーディングやPAへのミキサーにはココのメインアウトプットに接続します。

XRL(バランス)と1/4インチ TSジャック(アンバランス)の両方を装備しています。

XRL(バランス)

1/4インチ TSジャック(アンバランス)

LEFTとRIGHTがありますが、LEFTを使用していれば問題ありません。

 


 

②SPEAKER OUTPUT(スピーカーアウトプット)

こちらはパワーヘッドにのみ装備されています。

4Ω、8Ω、16Ωのギターキャビネットに接続できます。

つまり従来のヘッドアンプと同じ使い方になりので、スピーカーケーブルで接続した方が無難と思われます。

MAIN OUTPUTとSPEAKER OUTPUTは両方同時にも使用可能で、その場合通常MAIN OUTPUTの方だけCABINETをOFFして使用します。

 


 

③USBポート

タイプAのUSBポートにはUSBメモリなどを接続します。

タイプBではリグマネージャーの使用時にPCを接続して使用します

 


 

④NETWORK

ここにはプロファイラーリモートをLANケーブルで接続します。

 


 

⑤POWER

電源ケーブルを接続します。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP