Kemper プロファイリングアンプ 各モード解説

Kemper 各モード説明


 

Kemper 左端のノブを回すと電源が入ります。

 

TUNER→BROWSER→PERFORM→PROFILER の順にモードが切り替わります。

ノブの上にあるチューナLEDは常にON状態になっており、演奏中でもチューニングを確認するこ

とが出来ます。

チューナーモード以外のモード使用時でも、ギターのチューニングが合っているのかLEDで確認で

きます。


TUNERモード

じっくりチューニングしたい場合は、ノブをTUNERに合われば、出力がミュートされ、音を出さ

ずにチューニングすることが出来ます。

また、ギターを交換(シールドを抜く時)にも使用できます。

TUNERモード時に出力をミュートする方法ですが、画面左上の四角のボタンがMute Signal に

なっているのでこのボタンを押す度切り替わります。

また基準ピッチは画面左下のノブを回せば変更できます。デフォルトでは440Hz になっています。


BROWSERモード

このモードではフロントパネル右にあるRIGボタンか、画面右上のBROWSEノブでリグを選択

することが出来ます。

フロントパネル右にあるRIGボタンでは、上下でアルファベット順、左右で1つづつ移動します。

好みのリグを選択したら、GAINや画面したの4つのノブで音色を調整することが出来ます。

 


PERFORMモード

このモードでは1つのグループに5つまでリグを登録できます。

ライブでの演奏時などの曲中に歪みからクリーンに音色を変える時に便利です。

リグに選択には画面右上のBROWSEノブを使用して、画面左のSTOREボタンで登録していき

ます。

足元で切り替えるには別売りのフット・コントローラーが必要です。

またこのモードで変更したGAINやEQの値などはBROWSERのリグには保存されません。

 


PROFILERモード

このモードはプロファイリングを行う時に使用します。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP